【遊戯王 デッキレシピ】カオスサンダードラゴンデッキレシピ紹介!! 多数のパワーカードで攻め立てる!

ossanです.

今回は以前紹介したサンダードラゴンのデッキレシピを改良したカオスサンダードラゴンのデッキレシピ,レヴィオニアとサンダードラゴンの相性についての二つを紹介します.

以前紹介したサンダードラゴンのデッキレシピ

サンダードラゴンデッキ紹介第二弾!

window.addEventListener(“message”, function(e){ document.getElementById(“gachalog_frame”).style.height = e.data + “px”;}, false);

サンダードラゴンカードと同じ弾で登場した混源龍レヴィオニアが相性がいいので一緒にしてみました.

サンダードラゴンカードの解説は以前の記事で紹介しているのでそちらを参照してください.

サンダードラゴンモンスターの多くは除外された場合に効果が発動する効果を持っているモンスターが多いためレヴィオニアと相性がいいです.

特に,効果が同時に発動するためチェーンブロックの組み方を考えることでうららやうさぎの効果を使わせないようにすることができます.

例として,レヴィオニアの特殊召喚コストに雷源龍,雷電龍の2体を使用したとします(残りの1体は何でもOK).

レヴィオニアが特殊召喚に成功した時,レヴィオニア,雷源龍,雷電龍の効果の発動条件を同時に満たし,かつ全て任意効果のため好きな順番でチェーンブロックを組むことができます.(レヴィオニアは特殊召喚に成功した時,雷源龍,雷電龍は除外された場合に効果を発動)

カード効果が同時発動した場合の詳細はこちら(遊戯王wikiのページ)

例)
チェーン1:レヴィオニア チェーン2:雷電龍 チェーン3:雷源龍

同時発動のためこれらの効果発動の途中に効果を割り込ませることはできません.上記の例だとうららを雷電龍に打ちたいと思っていてもチェーン3に雷源龍の効果が発動しているため雷電龍にうららを打つことができません.

同様にうさぎをレヴィオニアに当てたいと思っていてもチェーン1にレヴィオニアの効果が発動しておりうさぎを発動することができません.

レヴィオニアは手札誘発のケアをしながら効果を通すのに非常に有効なカードです.ヴェーラー?指名者打っとけ

次はディアボロスです.これは旋律を採用するにあたって一枚ドラゴンが欲しかったため採用しました.

当然何も考えずに採用したわけではなくシナジーを考えて採用しています.

超雷龍を出す場合場の雷族モンスターをリリースして特殊召喚するため,闇属性のサンダードラゴンをリリースすればディアボロスがついでに湧いてきます.

ただそれだけです.

アタッカーとしての活用,ハンデスしながら闇属性のサンダードラゴンモンスターの効果を発動…といった感じで活躍してくれます.このデッキではあくまでオマケとして採用しているため活躍はこの程度です.ディストピアやアフリマを採用したかったのですが,中途半端になってしまったためディアボロスのみの採用です.

今回はサンダードラゴンのデッキレシピを紹介しました.大型モンスターを展開したいという方におすすめのデッキです.

今回は以上です.ここまで読んでいただきありがとうございました.

Source: 泡影で終わる遊戯王

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする